草むしりの腰痛を防ぐサポーター

SHARE

草むしりの腰痛を防ぐサポーター

草むしりをすると腰が痛くなる

  • 腰、膝を痛めないようにする便利グッズが欲しい
  • 予算はあまりかけれない
  • 椅子では少し不便

腰痛予防に膝サポーター!??

草むしりの腰痛予防の定番といえば

「庭仕事用のタイヤが付いた椅子」

ですが、あえて膝サポーターを押したい!!

庭仕事用の椅子と膝サポーターのメリットデメリット

草むしりの腰痛予防の定番グッズとしては「膝当てタイプのサポーター」より「庭仕事用の椅子」のほうがメジャーですよね。(ホームセンターでもよく見かけます。)それぞれのメリットデメリットを上げてみました。

椅子のメリット

  1. 座れる

椅子のデメリット

  1. 座っていると腰にくる
  2. 作業中に少しづつ動きたいときに不便(何回も立たないといけない)
  3. 身体がかたい人にはかなり辛い姿勢になる

膝当てタイプのサポーターのメリット

  1. 細かく動ける
  2. 膝にも腰にも優しい
  3. 身体がかたい人でも腰、膝に優しい

膝当てのデメリット

  1. 膝当てが消耗する(椅子ほど長持ちはしない)
  2. ズボンも汚れることがある

腰、膝への負担のメカニズム

腰に関しては、椅子に座った姿勢よりも膝をついた姿勢のほうが負担が少ないです。

膝に関しては、ねじれが入っていなければ座った姿勢でも膝をついた姿勢でも負担はあまり変わりません。

深く膝を曲げてしゃがんだ姿勢が一番腰にも膝にも負担がかかります。

お客様からよく聞く話し

  • 「椅子を買ったんだけど、少しづつ動きながら作業するときにかなり面倒(繰り返し立たないと行けない)なので結局使ってない。。。」
  • 「一回座ると動けないので手が届く範囲だけになっちゃう(笑)」
  • 「そんな便利なサポーターがあるなんてみたことない」
  • 「膝当て付きサポーターが便利そうなのはわかるけどネットで買うのは面倒、、、」

結論

やっぱり膝当てつきサポーターが一番ラクです。作業もラクです。動きやすいので。

業務用としては既によく知られているとは思いますが、(だからカラーバリエーション豊富!!しかも安い!!)
意外に存在を知られていません。庭仕事をする父や母へのプレゼントにも良いかもしれませんね。

選ぶポイントは?

  1. ズボンと靴を履いた状態でも気軽につけたり外したりできるか?
  2. あとは色の好みとデザインの好き嫌い。

PS

一回場所を決めたらしばらく動かなくても良い作業の場合は椅子の方がオススメなので両方持っていれば言うことなしですね。
作業に夢中になると、長時間同じ姿勢の状態になり身体が固まってしまいますので定期的に動いてくださいね。