ご連絡はこちらまで【〒480-1113 愛知県長久手市山野田123 TEL/FAX:0561-63-4976】

五十肩

こんな悩みはありませんか?

「気付いたら腕が上がらなくなってた。。。」

「ほっときゃ治ると思ったらどんどん上がらなくなってきた」

着替えるのもつらい」

鎮痛剤服用、マッサージに通っているがどんどん動かなくなってきた」

「ちょっと無理して使ってからなんだか肩の調子が悪い」

「ひさしぶりに上にあるものを取ろうとしたら、うまく肩があがらなかった」

 

その悩みは当院で解消されるかもしれませんよ。

回復力だけは年々下がっていきます治るのを待つのではなく早めの治療開始をオススメします。

 

五十肩が自然に治った方は確かにいますが、みんなが自然に治るわけではありません。

「少しでも早くこの痛みを何とかしてほしい!!」そう思いませんか??

すぐの治療開始が早期回復の第一歩です。

*症状、状況により効果は変わります。詳しくは実際に見させていただいた際にお伝えしております。

 

どうしても来院できないときの応急手当

上がりが悪くなりはじめた状態の場合

「肩の上がりが悪くなってきた。でもさつきさんには通えない・・・というとき。

まずは肩を痛くない範囲で動かしましょう。

服を着るのも辛いぐらい肩が上がらない状態の場合

新陳代謝の向上が大切、「温める→冷やす→温める→冷やす」を繰り返しましょう。10分交代程度が理想ですが、患部が表層から浅い場所なので短くても効果がでます。

その後痛みの出ない範囲で動かしましょう。

やっぱり早めの通院をオススメします。

接骨院、整形外科を選ぶポイント

運動療法までマンツーマンで見てくれるとこ。をオススメします。

鎮痛剤の処方だけ、痛みを和らげるマッサージとストレッチ&痛みを和らげるための低周波治療まで。「運動はご自身で頑張ってね。」という院はあまりオススメできません。

 

五十肩で一番難しいのは「さじ加減」動かさないと筋力が落ちちゃうのでますます上がらなくなるし、やり過ぎると炎症が強くなって後から痛くなる。(動かした直後は少し調子が上がるが、1カ月単位でみるとどんどん上がらなくなっていく)

運動のさじ加減が上手にできないと治すのは難しいんですよね。。。

 

五十肩は肩関節周囲炎といって、立派なケガのひとつと言えます。

肩関節は非常に広い可動域があるため、たくさんの軟部組織(筋肉や靭帯など)によって支えられています。そのなかでもインナーマッスルと呼ばれる関節を支えている筋肉を、ささいなことで痛めてしまうことがよくあります。

肩の構造上の特徴から、いためて炎症作用が起きたときの生理的反応により、その筋肉への血流が悪くなってしまうことがあります。そのため本来なら次々と代謝をおこなって回復作用が働くところですが、血流が悪いため代謝が遅くなり、うまく回復作用が働かなくなります。

そのままですと筋肉は回復せず痛い状態がつづきます。

 

痛いから使わない、使わないから衰える…最悪の循環です…

 

手がうまく使えないと日常の生活動作にも支障をきたしやすいですよね。元気に明るく過ごしていくためにも、早めの治療開始をおすすめします。

当院では一人一人にあった施術を考え、患者様と二人三脚で施術にあたります。

当院における治療目安

最速パターン

[通院間隔]

週に2、3回(毎日やれるなら毎日の方が効果的)

 

*週1回以下の場合は変化が出しづらいです。
(ある程度ご自身でもリハビリが必要になります。)

[費用目安]

初回 1980円 2回目以降 880円

 

[お時間](ご案内からお会計まで)

初回45分程度。2回目以降25分。

[通院期間]

週に2、3回程度で3カ月から半年

*かなり状態が悪い場合は1年
(コツコツ来てもらえれば戻ります。)

[おすすめオプション]

「RIC」 1回880円(月額定額5500円)

*多少費用がかかっても良いので早く治したい方に。

 

「リハトレ」 1回1100円

*スポーツへの復帰までを視野に入れている方におすすめです。MCCを使い肩のインナーマッスルを中心に駆血トレーニングを行います。滑らかに且つ力強い動きの獲得を目指します。RICと同様の血流改善効果もあります。