膝の痛み

膝の痛み

最近は健康のために散歩やランニングを日課とする方が増えてきましたね。

足腰を衰えさせないためにも非常に良いことです。

 

普段からよく歩く人はいいのですが、
「そうだ、歩こう」
「おなか周りも気になるし、ちょっと走ろうかな。」
と急に思い立った人は要注意。

 

いきなり長距離を、毎日歩いたり走ったりするのはやめてくださいね。

最初が一番やる気にみなぎっているので、気持ちはよ〜くわかるのですが、
アスファルトの上は思った以上に膝にきます。

 

まずは1週間に2日ぐらい。もしくは、短い距離をマメに歩く。
そういうレベルからはじめましょうね。

 

 

こんな方は要注意

★段差なんてほとんどない場所でつまずく
★歩くときに足が外側に開いてしまう。

足の太ももの筋力が落ちてきて歩きかたが変わってきていますよ。

そのままにしておくと、

「歩いているだけで膝が痛い。」
「ちょっと草取りをしたら膝が痛くなった。」

ということになりかねません。

 

1日に何回かは歩くときに膝を高く上げて歩いてみましょう。

膝がよく痛くなるんだけど。。。

よーく歩いた日は、家に帰ったら20分間アイシングをしましょう。
★膝に古傷がある方、
★「軟骨が擦り減ってますね。」とお医者さんに言われたことのある方
★昔、スポーツをよくやった方

は必須ですよ。

 

膝の治療は、
前面が痛いのか、後ろ側が痛いのか、側面が痛いのか
で内容が変わります。

足は大事ですからね。
自分でケアしても、翌日まで痛みが残ってしまう場合は
治療をすることをおすすめしています。

 

少しでも違和感や痛みが出てきたときには、甘くみずに早めの治療が大切です。

当院では、その状態にもよりますが、基本的には運動を続けながら治療をしていくことを
基本コンセプトとしています。

 

一度中断してしまうと億劫になって止めてしまう例を数多く見てきましたからね。。。(笑

まずは、お気軽にご相談してください。

「膝のサポータの選び方」はこちら

 

ご連絡はこちらまで【〒480-1113 愛知県長久手市山野田123 TEL/FAX:0561-63-4976】

当院へ直接お越しの方は、こちらから地図をご覧いただけます。→ 地図を表示