はじめに

治療をしながら様子を見るのが一番良い

最初の大前提として、違和感や痛みがある状態になっている場合は、まず治療を開始しましょう。

治療をしながら様子を見て調整していくのが最も効率的な方法です。

 

よくあるのが、「様子を見ていたけど変化がないから来た。」というパターン。

もっと早く来てくれればあっさり治ったかもしれないのに。。。ということが少なくありません。

 

痛めたものを治す方法ではなく、

予防するにはどうしたらよいか?疲労をこまめに抜くにはどうしたらよいか?

などの方法をご紹介していきます。

サポーター編

サポーターの目的は予防。疲労がたまっているけど運動するとき、膝の調子に不安はあるが

畑仕事や庭いじりをするときなとはサポーターを使いましょう。

膝用サポーター

医療機器編

ここでは、当院で使用している機械類をはじめ、さまざまな種類のものを解説してあります。

低周波治療機

オンパー(超音波水泡浴機)

ソーマ(微弱電流治療機)

ドクターメドマー

地図を表示

ご連絡はこちらまで【〒480-1113 愛知県長久手市山野田123 TEL/FAX:0561-63-4976】